禁酒・断酒

【お酒をやめる7つの方法と禁酒のコツ】初期の退屈な時間を潰せ!

記事タイトル入りスライド

 

こんにちは。

 

「汚れた川の下流からきれいな源泉の上流に戻れた」

 

「脳や体の毒を出してオーバーホールできた」

 

お酒をやめられた今の状態をひとことで言うと、そんな感じです。

 

「カラダやメンタルにとっては飲まない方がいい」

 

頭ではそう分かっていても、暇な時間があると飲んでしまう日常をカンタンに変えることなんかできないですよね。

 

けれど、7つ方法からいくつかを組み合わせて再チャレンジしてみるとうまくいくかもしれません。

 

自分は、これらの方法で20年飲んできたお酒をやめられましたので。

 

  1. お酒の代わりに打ち込む何かを見つける(孤独や退屈を減らす)
  2. アルコールに対する正しい認識をもつ
  3. 自分のアルコール体質を遺伝子検査で把握する
  4. 悔しい出来事や失敗を禁酒に生かす
  5. 尊敬している人に禁酒を宣言する
  6. #Twitter断酒部 を利用する
  7. ゲーム感覚や遊び心も取り入れる

 

「しばらくアルコールを控えてみようかな」

 

アナタもそう思われているなら、この記事が一部でも参考になればうれしいです。

 

なお、禁酒をしてから仕事や生活で感じたメリットは21個ありました。

禁酒・断酒のメリット・仕事への効果

 

カラダに関わるメリット

① 睡眠の質が深くなった

② 体が疲れにくくなった

③ γ(ガンマ)-GTPの値が下がった

④ トイレ生活が健全になった

⑤ 体重が落ちた

⑥ 顔のむくみが減り顔つきが若返った

⑦ 目の充血が減り視力が安定してきた

 

心と頭に関わるメリット

⑧ 自己肯定感が向上した

⑨ 集中力と理解力が向上した

⑩ 判断に迷いが少なくなった

⑪ 飲み会翌朝やFacebook投稿後の後悔・自己嫌悪・罪悪感から解放された

⑫ アンガーマネージメントがカンタンになった

⑬ 「酒を飲んでいた頃ならもっとひどい状況になっていたはず」と失敗に対して心を落ち着かせる武器を常に持てるようになった

⑭ 落ち込みからのセルフコントロール力が上がった

 

時間に関わるメリット

⑮ 月100時間好きなことをできる時間が増えた

⑯ 飲み会の付き合いが減った

 

安全に関わるメリット

⑰ 家の中が平穏になった

⑱ 飲酒運転のリスクがゼロになった

⑲ 事件・事故に巻き込まれる可能性が大きく減った

 

お金に関わるメリット

⑳ 酒代が不要になってお金が貯まりはじめた

㉑ サプリ、酒による衝動買い、医療保険など関連支出も無くなった

 

詳細は以下の記事に書いています。

 

 

記事を書いた人

  • アラフォー会社員
  • 禁酒を始めた年:2020年
  • 禁酒するまでの飲酒歴:約20年
  • 禁酒するまでの飲酒頻度:週3~4日
  • 体重:飲んでいた頃80kg前後、断酒中の現在75kg

 

禁酒と断酒

  • 禁酒:お酒を一時的にやめること
  • 断酒:お酒をきっぱりと断つこと

 

ご注意

アルコールへの依存度は個人差があります。深刻な場合、医療機関を早めに受診しましょう。

 

 

目次

 

よく読まれている禁酒の関連書籍(Amazonリンク)

 

 

\病院に行かなくても検査ができます/

アルコール遺伝子検査をやってみた

 

自力でお酒をやめる7つのコツ

断酒をすると川の上流の美しさに触れたような気分を味わえる

 

お酒を飲むと、幸せホルモンの神経伝達物質セロトニンの分泌が促されます。

 

気分の高揚、

 

酔いしれるひととき、

 

ストレス解消、

 

そんな効果を感じられますよね。

 

けれど、お酒を飲みすぎると、逆効果です。

 

セロトニンを作るのに必要な原料「トリプトファン」が結局のところ不足。

 

お酒を分解するのに必要なナイアシンの合成に使われるからです。

 

これが理由で、飲み過ぎた後は不安を感じたり気分が落ち込んでしまいます。

 

こんなやっかなお酒をやめる7つの方法を詳しく説明しますね。

 

↑ 目次へ戻る

コツ① お酒の代わりに打ち込む何かを見つける(孤独や退屈を減らす)

断酒と筋トレをセットで行うと継続に相乗効果がある

 

お酒に酔う時間を潰して、代わりに打ち込むものを見つけました。

 

これがお酒をやめられた最大の理由です。

 

お酒をやめるには、孤独や退屈な時間を埋める何かが必要ですよね。

 

それが、自分にとってはこのブログです

 

以前は会社帰りや週末に酒を飲むのがあたりまえ。

 

計算すると、1カ月あたり100時間もお酒に酔っていました。

 

ブログのアクセスが伸びるには、早くて3か月~6カ月かかります。

 

その後の維持も続きます。

 

この難しさのおかげで、時間を見つけてはPCをカタカタするようになりました。

 

特に夜の時間をそうやって過ごせたのが、禁酒を継続するのにちょうど良かったです。

 

そしてブログに打ち込んでいると、仕事のことを頭からシャットアウトできます。

 

酒より仕事のストレス解消効果が高いです。

 

お酒の代わりに打ち込むものに必要な3つの条件

 

つまり、お酒の代わりに打ち込むものには、以下の3つの条件が必要です。

 

お酒の代わりの3条件

  1. 簡単には達成できないけど自分がやりたいこと
  2. そのやりたいことは、お酒と両立しにくい(休日や夜の時間も取り組める)
  3. 継続した取組みが必要である

 

自分の場合

  1. やりたいこと:アクセス数の目標を定めて、ブログでライティングスキルを上げる。
  2. お酒と両立しにくい:1本記事を作成するのに5時間前後は普通にかかる。酔うと記事はうまく書けない
  3. 継続が必要:Googleの検索結果に上位表示されるには数か月かかるのがあたりまえ。

 

お酒をやめると、1カ月ぐらいで心身の調子がかなりよくなりました。

 

それを体感するまで何かに打ち込む。

 

そうすれば、「お酒はもうなくてもいいかな」と自然と考えられます。

 

 

↑ 目次へ戻る

コツ② アルコールに対する正しい認識をもつ

お酒が積み重なった棚

 

ここでちょっと質問させてください。

 

アナタは18歳の頃、どこでどんな生活をされていましたか?

 

タイムマシーンで高校3年生ぐらいに戻ったとします。

 

そして、お酒をやめて感じた21メリットにもう一度目を通してみてもらえますか?

 

お酒をやめると、きっとアナタも同じように感じる効果です。

 

カラダに関わるメリット

① 睡眠の質が深くなった

② 体が疲れにくくなった

③ γ(ガンマ)-GTPの値が下がった

④ トイレ生活が健全になった

⑤ 体重が落ちた

⑥ 顔のむくみが減り顔つきが若返った

⑦ 目の充血が減り視力が安定してきた

 

心と頭に関わるメリット

⑧ 自己肯定感が向上した

⑨ 集中力と理解力が向上した

⑩ 判断に迷いが少なくなった

⑪ 飲み会翌朝やFacebook投稿後の後悔・自己嫌悪・罪悪感から解放された

⑫ アンガーマネージメントがカンタンになった

⑬ 「酒を飲んでいた頃ならもっとひどい状況になっていたはず」と失敗に対して心を落ち着かせる武器を常に持てるようになった

⑭ 落ち込みからのセルフコントロール力が上がった

 

時間に関わるメリット

⑮ 月100時間好きなことをできる時間が増えた

⑯ 飲み会の付き合いが減った

 

安全に関わるメリット

⑰ 家の中が平穏になった

⑱ 飲酒運転のリスクがゼロになった

⑲ 事件・事故に巻き込まれる可能性が大きく減った

 

お金に関わるメリット

⑳ 酒代が不要になってお金が貯まりはじめた

㉑ サプリ、酒による衝動買い、医療保険など関連支出も無くなった

 

 

そうです。

 

これらは本当はメリットじゃないですよね。

 

お酒を飲まなかった頃には、”普通”だったことばかりです。

 

お酒を飲んでいる今を基準にすると確かにすべてプラスの効果です。

 

しかし、お酒を飲まなかった頃を基準にするとマイナスを解消できたに過ぎません。

 

つまり、お酒を飲めば以下のようなことが奪われてしまうのです。

 

  • 気分の安定感
  • 快適な睡眠や健康な体と肌
  • 有効に使える時間やお金
  • まっとうな生活や秩序

 

結局、これがアルコールの正体なんだなと。

 

子どもの頃に「大人になったら酒が飲めるぞ!」と酒好きの親や親せきから言われてきました。

 

そして、18歳になってアルコールの正しい知識がないまま疑いもなく酒を飲み始めました。

 

20年近くかかりましたが、ようやく今になって、

 

アルコールは健全な状態を奪いとるもの

 

こう思えるようになったことも禁酒の継続につながっています。

 

正体がバレたアルコール

アルコールの正体

 

↑ 目次へ戻る

コツ③ 自分のアルコール体質を遺伝子検査で把握する

アルコール遺伝子検査の結果レポートのスマホ表示画面

アルコール遺伝子検査の結果の一部(子供に受けさせた最新WEBレポート版)

 

『遺伝子的にアルコールを分解する力が弱い』

 

これがハッキリ分かってから禁酒を続けやすくなりました。

 

アルコールの分解は、

 

アルコール→②アセトアルデヒド→③酢酸→④二酸化炭素・水

 

という流れで行われます。

 

遺伝子検査では、以下の分解酵素の強さ/弱さが分かりますよ。

 

アルコール→②アセトアルデヒド→③酢酸

 

国税庁のHPによると、日本人の44%が強力な分解酵素を持っていないそうです。

 

そして、最近はこの遺伝子検査に病院に行く必要がありません。

 

税込5806円のキットをネットで注文するだけです。

 

検査もほほの内側を綿棒でこするだけ。

 

2週間後、赤、オレンジ、黄、緑の色で遺伝子タイプが判明しました。

 

そして、スマホでログインすると、いつでも結果を確認することができます。(Webレポート版)

 

職場の人にもネタで紹介すると盛り上がりました。

 

 

検査結果がでるまでは、少なくとも酒は飲まない

 

そう決めて、禁酒の初期の辛い時期に合わせて検査をすると一石二鳥だと思います。

 

遺伝子検査が禁酒後の明るい別世界への道案内役になって、初期の辛さを支えてくれます。

 

遺伝子検査サービスの流れ

アルコール遺伝子検査の流れ

注文後2日で届いた検査キットは郵便受けに入るサイズでした。

注文後2日で届いた検査キットは郵便受けに入るサイズでした。(宅配受取り不要)

 

 

 

↑ 目次へ戻る

コツ④ 悔しい出来事や失敗を禁酒に生かす

悔しい体験が禁酒を始めるきっかけになる

 

お酒をやめるには、悔しく辛い体験が役に立ちます。

 

お酒を飲んでいる場合じゃない!

 

と自分にスイッチが入るような何か悪いことはなかったですか?

 

僕は、過去に禁酒にチャレンジしたきっかけも、飲み会の席で上司に絡んで失敗したことでした。

 

その他にも、こんなこともお酒をやめるきっかけになるかもしれません。

 

悔しい出来事例

  • 意中の人から「腹の出たデブはちょっとパス」と圏外扱いされた
  • 病院の先生から「飲みつづけると死ぬぞ」と言われた
  • アマチュアレベルでは絶対に誰にも負けないと自信があったテニスで体が動かず後輩に完敗した
  • 会社の同僚との議論で頭がまわらずポンコツを痛感した
  • 同期は合格したのに昇進・昇格試験で緊張して失敗した
  • パワハラ上司にやられて自分が情けなくなった

 

人生、起きたことは変えられませんよね。

 

でも、それをどう生かすのか。

 

禁酒のトリガーにして、プラスに変えてやればいいだけです。

 

「人生に失敗がないと人生を失敗する」

 

心の名医、斎藤茂太さんの格言です。

 

↑ 目次へ戻る

コツ⑤ 尊敬している人に禁酒を宣言する!

期待を裏切りたくない人に禁酒を宣言すると継続しやすくなる

 

禁酒を継続するために、特に初期は自分を追い込むようにしました。

 

「この人からは信頼を得たい」

 

「この人に対して嘘をついたことになると非常にまずい」

 

そう思える人にあえてお酒をやめることを伝えました。

 

ちょっと距離があるけど尊敬している人です。

 

仲が良い友人だけに禁酒を伝えても、うまくいかなかったときに、

 

そんな無理しなくていいんだよ!人生楽しまないと。よし、反省会で飲みに行くぞ!

 

と禁酒チャレンジ失敗が酒の肴となるだけですからね。

 

悪い友達に注意・・・

 

\大人の世界に飛び立つ子どもの急性アル中を未然防止!/

アルコール遺伝子検査をやってみた

 

↑ 目次へ戻る

コツ⑥ #Twitter断酒部を利用する

 

SNSも活用できます。

 

♯Twitter断酒部

 

禁酒を始めたら、1日目、2日目、、と日々お酒を飲まなかったことをツイートしてみてはどうでしょうか。

 

同じように禁酒や断酒に取組んでいる人がたくさんツイートされています。

 

ツイートに抵抗がある場合、他の人のツイートを見るだけでも効果があります。

 

禁酒の継続に前向きになれますよね。

 

自分は禁酒後期間が経ってこのスレッドを知りました。

 

お酒をやめて感じるメリットを時々このスレッドにツイートします。

 

必ず何人かの方が「いいね」を押してくださいます。

 

「いいね」やリプで応援してもらえれば、同じ境遇でがんばっている仲間を身近に感じられますよね。

 

記事タイトル入りスライド
【お酒強い弱い診断】アルコール遺伝子検査をやってみた感想・体験談

  こんにちは。   ここ最近ずっと禁酒をしています。   お酒のドラッグ効果は怖いですよね。   禁酒を始めてから安定するまでの期間は不安の中で、 &nbsp ...

続きを見る

 

↑ 目次へ戻る

コツ⑦ ゲーム感覚や遊び心も取り入れる

禁酒を継続するには遊び心やゲーム感覚を取り入れる

 

禁酒に挑むのに、気持ちの余裕遊び心も大事です。

 

ゲーム感覚を取り入れると禁酒を続けやすくなりますよね。

 

ギャンブル好きなら特に。(笑)

 

最初の頃は、日々体重計に乗ったりセーブできた酒代を足し算したりするのが楽しかったです。

 

一緒に禁酒に挑戦できる家族、彼氏、彼女、仲間など身近な人はいないですか?

 

  • γ-GTP値 
  • セーブした酒代
  • 減る体重

 

定量的な目標と期限を決めて競い合うと、禁酒にゲーム性と縛りが加わります。

 

たとえば、勝負して負けた方が勝った人に旅行代、高級焼肉をおごるとか。

 

γ-GTP値は、献血に行けば翌日には値が分かります。

 

禁酒スタート前のγ-GTP値をはかり、次回3か月後の献血で減らした値が大きい方が勝ち。

 

体重なら、お酒をやめると自然と落ちるので減らした量で勝負することもできます。

 

負けたほうも、浮いた酒代をまわせると思えば、おごるにしても負担額は小さめですよね。

 

勝った方は自分の酒代も浮かせて、相手からもおごってもらえる。

 

うれしさ倍増です。

 

身近に勝負できる人がいないときは、自分へのご褒美を忘れないようにするといいと思います。

 

禁酒1カ月、2か月と節目の日に。

 

↑ 目次へ戻る

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今のところ断酒を継続できていますが、またいつスリップするのか不安もあります。

 

でも、こうやって記事を書いたり他のネット記事やYouTubeを見たりしながら、1日でも長く断酒を継続したいと思っています。

 

飲んでいた頃は毎回スカッとしてましたが、やっぱりお酒は合法薬物なので怖いですよね。

 

元プロ野球選手の清原和博さんも、断酒を9カ月続けているそうです。

 

2021年10月に公開されたYouTubeでの薬物の先生との会話がとてもためになりました。

 

アルコールの怖さも分かります。(7分あたり~)

 

 

↑ 目次へ戻る

 

 


禁酒・断酒ランキング

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

 

 

あわせて読みたい

記事タイトル入りスライド 1

  「うゎ~、また意志の弱い酒好きが入ってきたぞぉ!!」   なんてね。   冗談です。   禁酒がそんなに簡単ではないことを身をもって知っているアラフォー男で ...

記事タイトル入りスライド 2

  こんにちは。   「汚れた川の下流からきれいな源泉の上流に戻れた」   「脳や体の毒を出してオーバーホールできた」   お酒をやめられた今の状態をひとことで ...

記事タイトル入りスライド 3

  うわぁ~ 大ピンチですね!   この記事にたどり着いたということは・・・。   「やっぱり飲みたい」   「スリップしそう」   そんな気分と葛藤 ...

記事タイトル入りスライド 4

  こんにちは。   昨年からお酒をやめています。   けれど、ときどき"間"がさします。   先日も、予定がない3連休の土曜日に、   「久々にちょ ...

記事タイトル入りスライド 5

  こんにちは。   ここ最近ずっと禁酒をしています。   お酒のドラッグ効果は怖いですよね。   禁酒を始めてから安定するまでの期間は不安の中で、 &nbsp ...

記事タイトル入りスライド 6

  今日は飲み会行かずに家に帰りたい・・・   オンライン飲み会の気分じゃない・・・   そんな日は誰にだってあると思います。   ただ、これが職場の飲み会なら ...

「禁酒1年」記事タイトル入りスライド 7

    こんにちは。   禁酒をして1年たちました。   偽りなく、アルコールを一滴も飲んでいません。   やめる前までは、20年間お酒が"生活の必需 ...

-禁酒・断酒

© 2022 断酒 with you!