禁酒・断酒

【チャンス到来!】禁酒をしたい人には追い風が吹き始めている

昔は普通だった会社帰りの飲み会

コロナに伴う飲み会自粛ブームや以前からの20代の飲み会参加率低下を見ていると禁酒の追い風を感じます。

自分の職場でもコロナ以降、部署全体で行う飲み会は1度も開催されていません。

一部の人がこじんまりとたまに飲みに行っている程度です。

誘われる機会が減った ⇒ 酒をやめるチャンス

だと思います。

飲酒する人は、以下のいずれかの動機でお酒を飲んでいますよね。

  1. お酒の席につきあわなければならない(環境)
  2. お酒を自ら飲みたい(希望)

このうち、①の環境面では、無理に飲まなくても済む世の中に変わっていますよね。

お酒をやめるブームが来ていると感じる点をまとめました。

この記事を書いている人

  • アラフォー会社員
  • 20年間飲んだお酒を2020年にやめました。
  • お酒をやめた世界が最高なので、感じることをブログに書いています。

 

 

 

禁酒をしたい人にはチャンス!禁酒の追い風が今吹いている

①コロナ対策の飲み会自粛

2020年4月ごろから開始した飲み会自粛ブーム。

もうすぐ2年経ちますが、これまで何度もテレビで居酒屋が窮地に立たされているニュースを見ました。

居酒屋の惨状について新橋のやきとり居酒屋の若い女性店長と「ひるおび」のMC恵さんとやり取りするシーンが定番になりましたよね。

政府が発表した2020年度の外食支出や飲食店の売上高推移によると、前年費マイナス15%と統計データもそれを示しています。

新型コロナウイルス感染症禍の外食産業の動向 ~需要側・供給側からの振り返り~

政府の調査結果データ(2020年度の外食支出と飲食店の売上高推移)

政府の調査結果データ(2021年度の外食支出と飲食店の売上高推移)※出典

 

 

② 20代やZ世代の価値観の変化(飲み会離れ)

『ノミニケーション』

今から20年近く前に自分が新入社員のころ、40代以上の先輩方が言われていた言葉です。

先輩にかわいがってもらうには飲みにケーションがなによりも大切だよ

今、自分がアラフォーですが、同じようなことを数年前に20代の社員に言ったことがあります。

「はい分かりました。」

と、ぼそぼそと返事はしてくれたものの、

この人危険。あまり関わらないようにしておこう

と思ったに違いない雰囲気を感じました。

そのときは、「会社に入ったのなら、数か月に1回の飲み会に参加するぐらいの協調性は普通じゃないの?」

と疑いなく思っていました。

けれど、酒を自分がやめた今になって思うと「悪いことしたな」と素直に振り返っています。

自分自身が飲み会に行かないことにしているのでなおさらそう思います。

昔は、タバコを職場で吸えるのが普通でした。

でも、今はできません。

職場の飲み会もそれと同じ運命をたどっていく可能性もゼロではないと思います。

10年~20年後には、仕事の後の職場の飲み会は過去の”負の遺産”のような扱いになって。

◆世代別で全然違う、仕事のストレスを解消する方法 人材総合サービス会社が働く世代4,000人を対象に実施した「仕事のストレスをどう発散しているのか」についてのインターネット調査によると、「旅行」や「食事」など世代ごとの違いが浮き彫りに。51歳~60歳のバブル期世代は「旅行」、16歳~25歳のZ世代は「食事」がそれぞれ最多でした。 一方で「飲酒」と回答した男性は就職氷河期世代(41~50歳)で1位、バブル期世代で2位でしたが、Z世代やミレニアル世代では上位5番にも入りませんでした。

 

参考:Z世代とは

 

 

③ ノンアルコールバーの登場

東京、大阪、横浜などにお洒落なノンアルコールバーが2021年ぐらいからどんどん登場しています。

お酒は別に好きではないけど、バーの空間や雰囲気がいい

そういうニーズにぴったりですよね。

お酒がお店にないので、つい飲んでしまう心配もありません。

バー独特の雰囲気は時々味わいながら、禁酒ができる時代になってきました。

0% Non-Alcohol-Experience

 

④ 禁酒を続けていることを職場の人に伝えると高い興味関心がある

お酒をやめてからしばらくたった頃(今から1年ぐらいまえ)に職場の人にお酒をやめたことを伝えました。

最初は、「何があったんですか?」って怪しまれたし、飲み会参加レギュラーからドロップアウトすることを少し残念がられました。

でも、ここ最近、

「また飲みたくなったりしないの?」

「まだ続けているのですか?」

と聞かれることがあります。

思うに、酒をやめるとどんな状態にになるのか気になっている人が周りに何人かいます。

飲み会が減った代わりに家飲みが増えて、体調もあまりよくないみたいです。

「でもなかなかお酒をやめられない」

そんなジレンマの中で、禁酒に関心をもつ人が増えているように感じます。

 

あとがき

世の中が”お酒は一部の限られた人だけが行う嗜好”に変わりつつあります。

自分が子供のころ、「タバコを吸っている大人がどこかかっこいい」という価値観がありましたが、今はまったくそう思いません。

多くの人がタバコに対してそういう価値観に変わりましたよね。

それと同じことがきっとお酒に対しても今後おきそうです。

いっそのこと、この”追い風”にのってお酒をやめませんか?

20年飲んだお酒をやめてみると、ホントに心身にメリットしかありません。

お酒を飲まない今の方が、自分ははるかに幸せです。

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

 

 

あわせて読みたい

記事タイトル入りスライド 1

  「うゎ~、また意志の弱い酒好きが入ってきたぞぉ!!」 なんてね。冗談です。 ごめんなさい。 禁酒が簡単ではないことを身をもって知っているアラフォー男です。 お酒をやめて半年以上経ちました ...

記事タイトル入りスライド 2

  「汚れた川の下流からきれいな源泉の上流に戻れた」 「脳や体の毒を出してオーバーホールできた」 お酒をやめられた今の状態をひとことで言うとそんな感じです。 「カラダやメンタルにとっては飲ま ...

記事タイトル入りスライド 3

うわぁ~ 大ピンチですね! この記事にたどり着いたということは・・・。 「やっぱり飲みたい」 「スリップしそう」 そんな気分と葛藤中ですか? すごく分かります。 断酒を続けるのは辛いですよね。 飲んで ...

記事タイトル入りスライド 4

  昨年からお酒をやめています。 けれど、ときどき"間"がさします。 先日も、予定がない3連休の土曜日に、 久々にちょっと飲んでみるかぁ。翌日も休みだし1本ぐらいOKだろ 断酒をしてからそん ...

記事タイトル入りスライド 5

ここ最近ずっと禁酒をしています。 お酒のドラッグ効果は怖いですよね。 禁酒を定着させるまでは強い意志が必要です。 「ひとまず正確なアルコール体質や耐性を確認しておいたほうがいいだろう」 そう思い、アル ...

記事タイトル入りスライド 6

  今日は飲み会行かずに家に帰りたい・・・ オンライン飲み会の気分じゃない・・・ そんな日は誰にだってあると思います。 ただ、これが職場の飲み会なら、できることなら波風立てずに上手く断りたい ...

「禁酒1年」記事タイトル入りスライド 7

禁酒をして1年たちました。 偽りなく、アルコールを一滴も飲んでいません。 やめる前までは、20年間お酒が"生活の必需品"だったのによくここまで来れたと思っています。 職場や知人に「禁酒をして1年たちま ...

-禁酒・断酒